イチガン買ってみる?

メインのカメラ2機種 PENTAX K-S2 と SONY α7Ⅱ

お金あったら

悩まないで新しい方買えばいいんですけど、カメラに使えるお金は限られてると思います。何を撮りたいかはっきりしてれば、決めるのも比較的早いと思いますが、いろいろ撮りたいし、特にこれってものがないとなると、イチガン機を買う必要はないかもしれませんスマホで結構キレイな写真が撮れるし、コンデジでも十分キレイな写真が撮れると思います

※このサイトでの「イチガン」についてですが、旧来のミラーがあるデジカメ(一眼レフ)も、ミラーがないデジカメ(ミラーレス一眼)も両方含みます。

イチガンでいいところは

  1. カメラという機械を自分で操作して、操ることを楽しむという面があると思います。
  2. ボケを生かした写真が撮れるこれは、レンズとセンサーサイズによって、ずいぶん違います。普通のキットレンズとかでは、あまりボケないです。一眼レフならボケると思って買ってみると、以外とボケないと思うかもしれません。僕は、最初、ボケってこんなもんかと思いました。ボケるレンズを使わないとそれほどボケないと後から知りました。
  3. いろいろなレンズを使える超広角レンズ、超望遠レンズなんかは一度は使って見たいですし、めちゃボケるレンズも覗いて見たいです。
  4. ストロボ撮影が自在にできるカメラからストロボを離して使うことで、印象的な写真が撮れると思います。
  5. カッコいい!

カメラの進化と、スマホの台頭で、イチガンでないとダメだという部分はどんどん減ってきているように感じます。なんか、否定的な内容になってきてしまいましたが、なるべく正直に書いちゃおうと思います。

僕が使用しているカメラ

  • APS-C機2台(PENTAX K-S2、FUJI X-E2)
  • フルサイズ機1台(SONY α7Ⅱ)
  • コンデジ1台(Panasonic DMC-TZ85)

スポンサードリンク

1.操ることを楽しむ

ダブルダイヤル

一般的に、一眼機はコンデジと違って、ダイヤルでF値、シャッタースピード、(機種によりISO感度も)が変えられ、慣れれば、ファインダーを覗きながら手の感覚だけで設定を変えられます。この素早い操作性が一眼機の大きな利点の一つだろうと思います。僕は、そこまで慣れていないですが、F値は手前のダイヤルなので、親指でクリクリ、シャッタースピードはカメラ正面側のダイヤルを人差し指でクリクリしてます。ダブルダイヤルは、イチガン機では、是非欲しい機能だと思います。これを1ダイヤルにするカメラメーカーって何を考えてるんだろ・・と思ったりしちゃいます。わざわざ使いにくくしてないかと・・初心者とか関係なく必要だと思います。世の中にはコンデジもあるのに、イチガン機買ってるんだから・・操作性犠牲にしてどうする!

瞳AF

プロではないから責任はないけど、イベント撮影とか、時間的にも限られてるので、失敗はしたくないんですよね。家帰ってパソコンで見ると、いい瞬間撮れたと思ったやつが、ピンボケだったりします。もう、いつでも目にピント合わせてくれるカメラ出してくれ!と思っていたら、1年後位に、ほぼ完ぺきなやつ出ちゃいました。α7Ⅲ(α9が先みたいですが、知りませんでした。)ちょっと夢の機能かと思っていたので、ビビりました。「あらーそれ出来ちゃったのねー。カメラマンは何するの?」とちょっと思ってしまいました(←ピント合わせ以外もいろいろあるので浅はかな考えですね・・)ピント合わせに神経使わなくて良ければ、動きのある撮影でも、ピントが目にある写真が苦労せずに撮れそうです。

EVFとマニュアルフォーカス

EVFはミラーレス一眼に限定されますが、初めてソニーα7Ⅱを覗いてみたとき、表示の遅延については十分速いと思いました。2年くらい使ってますが、風景やコスプレイヤーの撮影が多い僕は、全く問題を感じません。露出、ボケ具合、ホワイトバランスなど、結果がファインダーで見えるのは画期的で、とてもありがたいです。また、マニュアルフォーカスでの拡大ピント合わせが超絶便利です。マニュアルフォーカスに切り替えた後、ピント拡大ボタン(カスタムで設定する。僕はC2)を押します。マニュアルフォーカスでは、シャッター半押しによるピント合わせがなくなるので、楽に感じることもあります。シャッター半押しで、いつでも全体表示に戻るので、構図を確認してからシャッターをきれます。

※上の写真はソニーα7Ⅱの背面液晶の写真ですが、ファインダーで見える画像とほぼ同じです。

シャッターボタン

意外と機種によって違う部分だと思います。半押しの押し具合とか、押し込む深さとか。ある程度は慣れれば気にならない部分かと思います。

シャッター音も様々です。シャッター音は、ペンタックスの一眼レフ機が一番メカっぽい音で好きです。それをカメラを選ぶ基準にはしませんが・・

スポンサードリンク

2.ボケを生かした写真が撮れる

iPhoneなどでデジタル的にボケを生み出す方法が出始めたので、もしかしたら将来的には距離ごとにボケ量を計算して、レンズで得たボケと遜色ないレベルになるかもしれませんが、現状では、ボケはレンズによると思います。レンズへの投資はやむを得ない。また、大きなボケを得たいならより大きなセンサーサイズが有利です。

APS-C機 F1.8~F2.8あたりがいいのでは・・

APS-Cの人物撮影ではこのくらいのF値のレンズが欲しくなると思います。またこの位であれば、手頃なレンズも存在します(ペンタックス以外は良く知りませんが)。F1.4クラスのレンズもありますが、高い割には開放での解像感が良くないなど、満足いかないかもしれません。そういった場合や、ボケ好きな場合、フルサイズ機も視野に考えた方がいいと思います。フルサイズ機の方が、ボケについては有利です。フルサイズ機とAPS-C機に同じ画角が撮れるレンズをそれぞれ取り付け、同じF値で撮り比べると「1段と少し」分フルサイズの方がボケが大きくなります。(1段だと√2倍(約1.4倍)なので、だいだい1.5倍ぐらいだと思います。玉ボケなら直径が1.5倍ですね。)

(Sigmaの30㎜F1.4というレンズについて、ボケは大きいのですが、開放では軸上色収差が大きく目立つ場合があります。暗所では目立たず、明るいレンズとして強力ですが、昼間はF2以上で使っていました。このレンズで納得できなかったことでフルサイズへの憧れが増幅しました(^^;F2でなら、結構いいと思います。明らかに残された収差は、僕には不要で、ただの収差です。)

不満を書きましたが、僕はSIGMA製レンズが好きで、一番使用頻度は高いです。

フルサイズ機 F1.8がいいのでは・・

フルサイズのF1.4クラスのレンズは、高額なレンズが多く、予算も合わせて考える必要があると思います。僕は、ボケ量と画質を考え、フルサイズ機を購入しましたが、F1.8のレンズしか買えないと思いました。それでも十分なボケ量で、軽く、コンパクトなので、自分にはピッタリのレンズだと思っています。フルサイズの明るいレンズが欲しい場合にF1.8クラスを選ぶというのは、なかなかいい基準ではないかと思います。ソニー機の55㎜、85㎜にについてはそう思います。個人的にポトレ小三元と思ってます。35㎜のF1.8もあれば揃う感じ。いまだに出ない。(2019年2月現在)

3.いろいろなレンズを使える

広角、標準、望遠のF2.8通しのズームが大三元、F4のそれが小三元とか言われています。僕は、どれも揃えてません。欲しいとは思いますが、一番欲しいレンズではなかったので、未だに買ってないだけです。明るいレンズ、標準ズーム、望遠、広角、マクロという流れで、欲しくなって買ってます。一部売却してる分を引いて、約50万使ってます。一眼レフを初めて買ったとき、ここまで使うことになるとは全く予想してませんでした。レンズの性能としては、標準的~ちょっといい位のものしか買ってません。レンズを一通り揃えるには、それなりの出費になります。いいカメラを買ったから、いいレンズで・・とか思っても余裕ないと思い通りにはいかないと思います。

「撮影内容により使い分けるのが良い」と言われますが、買う立場としては、そんなに何本も買えないから悩むんじゃんか!と思います。予算が厳しいなら割り切ること(妥協)も必要です。

また、いいレンズは総じて重く、実際持てるレンズは限られます。そうすると、小三元の3本で行ったり、標準ズームをボカせる単焦点に変えて持って行ったりとなると思います。僕は、一つのマウントで広角、標準、望遠を揃えていないので、たいていカメラを2台以上持ち、レンズを4本くらいは持つことになり、結構重たいです(軟弱??)。まあ、あれもこれもやりたいと欲張りなせいかもしれませんが^^;

APS-Cとフルサイズで買った順にレンズを並べておきます

APS-C用(PENTAX機(今はリコー))(合計約28万)

種類 焦点距離(㎜) 35㎜換算の焦点距離(㎜) F値 感想
魚眼ズーム 10-17 15-25.5 3.5-4.5 面白いがムズイ
標準ズーム 28-75 42-112.5 2.8 広角側撮れない・・
単焦点-中望遠 50 75 1.8 標準じゃなかった。安い
単焦点-標準(S) 30 45 1.4 開放の色収差・・F2なら
標準ズーム(S) 17-50 25.5-75 2.8 コスプレイベントにいい
高倍率ズーム(S) 18-200 27-300 3.5-6.3 望遠側も十分キレイ
広角ズーム(売却済) 12-24 18-36 4 F8なら
マクロ 100 150 2.8 フルサイズでも。多用
準広角(FUJI用) 23 35 1.4 夜スナップに。でかい
標準ズーム(FUJI用) 17-50 25.5-75 3.5-5.6 軽い、安い

※(S)はSIGMA製レンズ

フルサイズ用(ソニー機)(合計約25万)

種類 焦点距離(㎜) F値 感想
単焦点ー標準 55 1.8 良い
単焦点ー中望遠 85 1.8 良い、軽い、周辺の玉ボケ無理
広角ズーム 16-35 4 F4でもキレイ、ちと重い、高価

コスプレ撮りたい、風景撮りたい、夜撮りたい、マクロも撮ってみたい、ポトレも撮ってみたい。と思ってちょっとこだわると、このぐらいはいっちゃってもおかしくない・・よね・・

スポンサードリンク

4.ストロボ撮影が自在にできる

オフカメラストロボ2セット分 TTL,、ハイスピードシンクロは不可だがが、PENTAX、SONY、FUJIのどれでも光量調節を手元の送信機で行えます!

写真では、光が大事だと言われます。光の当たり方で大きく印象を変えられます。前斜め45度から、真横から、真後ろからでは全く異なる写真となります。ストロボをカメラから離して使う(オフカメラストロボ)ことでそういった撮影が簡単にできます。

今は、無線を使う方法が広まり、導入コストもとんでもなく高いものではありません。カッコいい写真や、ふんわりした写真など、いろいろなバリエーションを作りやすくなります。光のことを理解するのにも役立つと思います。

自分もまだ、入門の域を出ていませんが、ストロボを買うことでグンと世界が広がったと思います。特にスタジオ撮影では、多様する感じで、水やスモークを使った特殊な撮影でも使われます。マニュアル操作がメインとなるので、設定がすばやくできる一眼機は必須でしょう。ストロボをつけられるコンデジはほとんどないと思うので、いろいろやりたい気持ちがあるならやはり一眼機ですね。

また、ストロボ周りの機材を考えるとCanon、Nikonにしといた方が無難ですが、Pentax、Fuji、Sonyでも十分可能です。使える機材が限られるので調査が必要だと思います。技適も含めて考えると、Cactus、GodoxというメーカーがPentaxには救いとなると思います。写真の2セットとライトスタンド、ソフトボックスなどで、約10万。

まとめ

イチガン機を持ってない人に向けて、今の僕が分かる範囲で、4+1個の利点に注目して、まとめてみました。(暗いところで有利とか、利点はまだあります。。)

  1. 操ることを楽しむ・・・ダブルダイヤルがオススメ、瞳AFの進化、EVFの利点は多い。マニュアルフォーカスも楽しいです。
  2. ボケを生かした写真が撮れる・・・APS-C機F1.8~2.8、フルサイズ機F1.8がコスパ高く、長く使える感じ。
  3. いろいろなレンズを使える・・・始めはズームで。ボカせるレンズも一度は是非。
  4. ストロボ撮影が自在にできる・・・ストロボをカメラから離して使うと世界が広がる。
  5. カッコいい!・・・欲しかったから買う!というのもアリだと思います。撮ってる姿もカッコよく見える・・気がする!

レンズは言わずもがな、ストロボ関連の機材もお金がかかります。アマチュアにとって、カメラ本体は1世代、2世代前でも十分な性能があるものも多いです。予算が厳しいなら、本体を抑えてレンズに注力する方がのちのカメラライフが充実するように思います。ぶつけたりしなければ、レンズの方が長持ちします。お気に入りの一台をゲットして、写真楽しんで下さい!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする