フィルターを使ってイルミネーション撮影 その2(なんか紫でねー!)

(※その1では、3種類のフィルターを紹介しました。今回はその続きです。)

フィルターってちょっとあれですよね・・

イルミネーション撮影が何か特別かと言えば、別にそんなことはないのですが、フィルターを使うということだけで、そこそこ手間がかかると感じます。なぜかと言えば、フィルターを付け外しするのが、ネジ式なので、いちいちクルクルしないといけないからです。重ね付けだとなおさら。。なので、僕はフォギーをベースにして、クロスだけ付けたり外したりしています。ぶっちゃけ、フィルターは自分の好きなパターンで一切付け替えないのがいい。というか楽。(マンフロットから磁石式のフィルター出てますが、フォギーとかはない・・)

今回は、LEDで飾られた並木の撮影で、イルミネーションの色がうまく出ないケースがあり、そのことを中心とした話題です。同じような悩みをお持ちでしたら読んでみて下さい。

スポンサードリンク

ツートンカラーの並木がきれい。パシャ!・・あれ?!

※撮影地:よみうりランド・ジュエルミネーション、口頭ですが、掲載許可頂きました。

背面モニターの再現画像(青く加工してます。フィルターにフォギーAを使用)

背面モニターの再現画像(青く加工してます。フィルターにフォギーAを使用)

のツートンカラーの並木道を撮影しましたが、背面モニターで見ると紫が見えず、

ほぼ青一色に。。なぜだ?

フォギーを付けると強い色に引っ張られてほかの色が見えにくくなるのは感じていたのですが、肉眼で見て2色なのが写真にしたら1色って、ひどくねーか?あとで家のモニターで見るとツートンになってました。僕のカメラのモニターが青が強く出やすいのか??もちろんモニターの調整機能もありますが、光の3原色をそれぞれ調整出来る仕様にはなっていませんし、調整も難しいです。

今回、文句たれてばっかな気が・・・

さて、とにかくRAWデータとしては紫は紫に撮れていましたが、それでも色が薄い感じがしたので現像で紫が出るように調整しました。枚数あって面倒なので、部分補正でなく色温度(青と黄色のスライダー)と色かぶり補正(緑と赤のスライダー)だけで補正しました。一部赤味が強く出てますが、部分補正するよりはずっと楽です。自分で鑑賞するだけならこれで十分です。

Raw現像という『魔法』を使えばちょいちょいで終わりですので、結局モニターの調整は放置です。

※クリックで拡大表示。拡大後、左右矢印クリックか、ホイールで移動できます。

なぞが少し解けた

JPEGとRAWを見比べると、彩度が高く変換されています。また、枝の先には紫色のLEDが取り付けられていますが、その周囲がなぜか青っぽく写っていますで、その周囲の部分の面積がLED本体より大きいので紫の部分に勝ってしまい全体を見ると青っぽくなってしまっています。

(でも周囲が青っぽく写る原因は良くわかりません・・赤い光より青い色の方が波長の関係でフィルターで拡散されやすいのでしょうか?これ以上はちょっと僕には考えても分かりません^^;)

どうしたらいいか? だけ考えます。写真撮りたいだけなんで!

画像変換により、青が強調されているのが一番の問題だと考えられるので、Pentaxで言えば、「鮮やか」や、「風景」といった彩度を高めるモードではなく、「ナチュラル」など彩度をあまり高くしないモードを使うのが良いと思います。

また、プロソフトンを使った方が、紫は紫で写りやすくなりました。

ここまででなんとかなったので、いじりませんでしたが、ホワイトバランスを変えれば青を弱めることはできます。太陽→曇り→日陰と変えてやれば、青味が弱まります。あるいは、ケルビン(K)を指定して、数値を5500→6500→7500と変えれば、同じような効果があります。

あと出来ることは・・背面液晶の色調整ですが、戻し忘れがイヤなので、いじりません。

僕のカメラでは、青が強く出やすい感じなのですが、RAW現像で色温度(青と黄色のスライダー)と色かぶり補正(緑と赤のスライダー)のみの修正で紫色が浮き出て来たので、RAWデータには色の違いは記録されていると言えます。

撮影中はこりゃダメだと思いましたが、RAW現像で直せたので、あまり悩まなくていいかなと思いました。

まとめ + 補足

イルミ撮影で思った色が出ない時の対処法

●撮影中は、彩度をあまり高くしないよりフラット系ののモード(ナチュラル、ニュートラルとか)で撮影する。

プロソフトンを使った方が見たままの色が出やすい。

RAWデータには色の違いは記録されているので、帰ってからRAW現像で調整する

ホワイトバランスを太陽→曇り→日陰と変えれば、青味は弱まる。ケルビン(K)を指定して数値を上げれば同様に青味は弱まる。(ただし、同時に黄色味が強まる)

色味の違いはカメラの癖と捉える(そういうものだと思えばまぁ納得できる)。画像処理エンジン、液晶モニターの性能、メーカーの意向などもあると思います。そうなると結局、カメラごとに違いますって話になります。

●LEDの構造によっても、色味が変わるかもしれません・・

●カメラの小さいモニターと、パソコンのでかいモニターでは見え方が違うことは良くある。

●カメラの背面モニターの調整は、僕のカメラでは、デスクトップのモニターに合わせることが出来ないぐらい違いがあるので放置です。カメラを買ったころ1回いじって、それからいじってません・・

その他の注意

●実は、『イルミネーションの色が変化していただけ』かもしれないので、もう一回撮ってみる

イルミネーションは(東日本なら1/100秒で、西日本なら1/120秒で)高速で点滅しています。また、光っている間も強弱があります。光が弱ければ色も薄くなります。シャッタースピードは遅めにするのが吉。(露出を変えたくないなら、このとき同時にISO感度を下げるといい。)面倒なら、もう一回撮ってみる。

ホワイトバランスは、5500ケルビンとか、太陽とかで固定した方がラクだと思います。イルミネーション撮影では、色が大きく変わるものもあるので、AWB(オートホワイトバランス)は向いてないと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする