フィルターを使ってイルミネーション撮影 その3(光のトンネル)

※撮影地:よみうりランド・ジュエルミネーション、口頭ですが、掲載許可頂きました。

※クリックで拡大表示。

スポンサードリンク

光のトンネル

上の写真の設定

撮影の設定:SS1/250、F8、ISO4000、フィルターにフォギーAを使用。

焦点距離:18mm(フルサイズ)

現像:露光量 プラス1.4EV

シャッタースピード

前回記事の終わりで、シャッタースピード遅くした方がいいとか言いながら、結構速いです(^^; このトンネルは、光り方が変化するので、あまり遅くてもチャンスを逃すので1/100前後がいいかなと思います。1回撮れちゃったんでずっと設定変えてません。人通りとか少し気にしつつ、撮る場所とか、アングルとか、画角とか変えて試してると、露出のことはなかなか再考できないので、初めに調整したいところです。

連写モード

今回、全く考えませんでしたが、変化や動きがある被写体は、連写するのもありですね。連写しないで、タイミングを見計らうのも楽しいですが、もっと気軽に撮るなら連写がおすすめです。

広角レンズ

上の写真ではフルサイズで18mm(APS-Cなら12mm)です。広角レンズの効果は楽しいですが、ほどほどが良いなと思うことも。ここでは、右側の木のLEDも画面に入れられて星雲のようになり、左上はアンドロメダ星雲のようにも見え(気付くのは自分だけかもしれんが)、18mmがちょうど良かったと思います。広角にするほど、真ん中辺のものが小さくなっていくので、なんだか分からない写真になることもあります。とは言え欲しくなったら止められない広角欲^^;

フォギーA

僕としては、これがないと始まらない!LEDの周りをぼうっと包んでくれるこのフィルター。好きすぎる。フォギー族増えろー

人が入っちゃう・・

入れても良くないすか?違和感はないように思います。一人~数人ならむしろ雰囲気ある写真になるように思ってます。

撮り方

ひざ位の高さからアオルように撮ってます。地面は少なく、空(LED)部分は多くした感じです。カメラの向きだけでなく、位置を下げると、よりスケールアップして見える気がします。

使用機材

  • カメラ:ソニーα7Ⅱ
  • レンズ:ソニー Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4
  • レンズのフィルター径:72㎜
  • フィルター径:82mm
  • ステップアップリング:72→82

まとめ

  • フィルターにフォギーA
  • 広角レンズか、レンズの広角側
  • シャッタースピード1/100ぐらい。撮り続けるので、最初に露出は決めておきたい。
  • 単写でもいいが、連写モードもいい
  • ひざ位の高さからアオルように撮る。
  • 人物の入れ方はほとんど運。イルミの変化に合わせてシャッターをきる。同じ構図で撮り続け、いい感じのが撮れるまで粘る!(迷惑にならない程度で)
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする